ニャースの巣 靭公園へのおすすめスポット ポケモンGO

ポケモンGOネタになります。
ニャースの巣へ行ってきました。

ニャース

スポンサーリンク

ニャースの巣

関西でニャースの巣と呼ばれているのは大阪の「靭公園」です。
読み方はうつぼこうえん
堀江に用事があったので途中下車してきました。

靭公園への行き方

大阪府大阪市 西区靱本町2丁目1

大阪市営地下鉄 「本町」駅下車、28号出口から徒歩約5分
大阪市営地下鉄 「阿波座」駅下車、1号出口から徒歩約10分

本町駅からの方が近いです。
ちなみに大きな公園で、2つのエリアに分かれています。
ニャースが出るのは東園のみでした。(本町駅側)

靭公園

もしどちらか分からない!と迷ったときはポケモンGO内のポケスポットを見てみましょう。
だいたいこういう巣があるようなところは誰かしらルアーを使って桜を降らしています。
花びらが舞うスポットが多いところ、ポケモントレーナーらしき人が多いエリアで探しましょう。

靭公園

先日行った大阪城公園はガーディーが出現する有名なスポットでした。
それは「巣」と言えるほどたくさん出現しました。

こちら靭公園のニャースは扇町公園のピカチュウ出現率に似ている感じです。
(現在ピカチュウの巣は扇町公園から大浜公園へ移動しています。)

それでも5~6ニャースゲットできました。(滞在2時間くらい)

ニャース

いつも思うのですが、こういうレアな子たちは日が沈んでからの方が多く出現する気がします。
ちなみにこの日は夕方手前くらいでしたが、もう帰ろうかという頃にバタバタと現れました。

持ち物

  • 帽子
  • 虫よけスプレー
  • 飲み物

日中のポケモン探しの際は必須アイテムです。
虫よけスプレーも忘れずに。

 

最近ポケモン探しに出かけては食べたり飲んだりしてしまい、全然ダイエットがうまくいきません。
こんなにたくさん歩いているのに~~と歯がゆい気持ちです。
カロリーを消費するって思いのほか大変なことなのですね。

 


スポンサーリンク

関連コンテンツ